« 京都アニメーション | トップページ | ひとりごと »

2019年7月25日 (木)

アニメより大事なもの

僕がアニメーターになって数年間は国民健康保険にも入っていませんでした。

 
単純にお金が無かったからなのですが、「若いから大丈夫」とバカ丸出しでした。
幸い大きな怪我もせずに鉛筆を握れる体で現在に至るのですが、今、気になることが。

京アニさんの事件で入院中の方々のことです。

京アニさんがどういった雇用形態で保険はどこまでカバーしているのか分かりませんが、保険だけでは十分ではない方もおられるのでは無いでしょうか?

ひょっとしたらフリー(委託)の人もいるのかもしれません。その場合はどうなるのでしょう?

すごく心配です。

滅茶苦茶な被害に遭って、さらにその後の治療費、生活資金に困ることになろうものなら……残酷すぎます。


僕みたいなもんが言うのはあれですが、支援金で集まったお金は、被害を受け治療を必要とされている方を優先に考えてほしいです。

アニメを生業とする者として少額ながら支援させていただきました。

会社の再建も大事ですが まずは とにかく。

 

|

« 京都アニメーション | トップページ | ひとりごと »